コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安積五郎 あさか ごろう

2件 の用語解説(安積五郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

安積五郎

幕末の志士。江戸生。観相家飯田忠蔵(安積光穂)の子。名は武貞。東条一堂に入門、清河八郎を知り義兄弟の盟を結び、清河と共に諸国を遊説。藤本鉄石と共に大和五条の天誅組義挙に加わるが捕われ、京都六角獄で元治元年(1864)歿、37才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安積五郎 あさか-ごろう

1828-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政11年生まれ。はじめ占いを職業とし,のち儒学を東条一堂に,剣術を千葉周作にまなぶ。清川八郎と親交をむすび,尊王攘夷(じょうい)をとなえる。文久3年天誅(てんちゅう)組の大和挙兵に参加,敗れて捕らえられ4年2月16日処刑された。37歳。江戸出身。本姓は飯田。名は武貞。号は東海。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安積五郎の関連キーワード尊攘安藤兵吉上岡胆治川勝寛治真田直昌高橋甲之允田中長九郎難波金助三間半二横田藤三郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone