コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安積五郎 あさか ごろう

美術人名辞典の解説

安積五郎

幕末の志士。江戸生。観相家飯田忠蔵(安積光穂)の子。名は武貞。東条一堂に入門、清河八郎を知り義兄弟の盟を結び、清河と共に諸国を遊説藤本鉄石と共に大和五条の天誅組義挙に加わるが捕われ、京都六角獄で元治元年(1864)歿、37才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安積五郎 あさか-ごろう

1828-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政11年生まれ。はじめ占いを職業とし,のち儒学を東条一堂に,剣術を千葉周作にまなぶ。清川八郎と親交をむすび,尊王攘夷(じょうい)をとなえる。文久3年天誅(てんちゅう)組の大和挙兵に参加,敗れて捕らえられ4年2月16日処刑された。37歳。江戸出身。本姓は飯田。名は武貞。号は東海。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安積五郎の関連キーワード運動家尊攘

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android