コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東条一堂 とうじょう いちどう

美術人名辞典の解説

東条一堂

江戸後期の儒者上総生。名は弘、字は子毅、通称は文蔵、幼字を和七郎といった。初め皆川淇園の門に入ったが、のち佐藤一斎・尾藤二洲らと来往した。安政4年(1857)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東条一堂 とうじょう-いちどう

1778-1857 江戸時代後期の儒者。
安永7年11月7日生まれ。京都で皆川淇園(きえん)に師事。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩儒をへて江戸で塾をひらき,古注学をおしえる。海防論にも通じ,老中阿部正弘(まさひろ)の相談役となった。安政4年7月13日死去。80歳。上総(かずさ)(千葉県)出身。本姓は逸見。名は弘。字(あざな)は子毅。通称は文蔵。著作に「学範」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

東条一堂

没年:安政4.7.13(1857.9.1)
生年:安永7.11.7(1778.12.25)
江戸後期の儒者。名は弘,字は子毅,通称文蔵。本姓源。上総国埴生郡八幡原村(千葉県茂原市)の富農,江戸で医を開業した自得の次男。母は片岡氏。墓碑によれば16歳(1793)で志を立て,京都の儒者皆川淇園門下に10年を過ごした。その後江戸に帰り亀田鵬斎,朝川善庵,羽倉簡堂などと交わった。文化の初めに弘前藩に督学として迎えられたが,建議が受け入れられないのを不服として江戸に帰り,昌平坂学問所のそば,のち,お玉が池に私塾を開いた。古注学に精しく,朱子学を強く排斥した。町の儒者でありながら多くの権家に信頼され,閣老阿部正弘の諮問を受けるほど実学の名声は高かった。著書は『学範』『論語知言』『五弁』など多種。<著作>『東条一堂著作集』全7巻<参考文献>鴇田恵吉『東条一堂伝』,東条会館編『儒者東条一堂小伝』

(ロバート・キャンベル)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東条一堂
とうじょういちどう
(1778―1857)

江戸後期の儒学者。安永(あんえい)7年上総(かずさ)国(千葉県)に生まれる。名は弘、字(あざな)は子毅(しき)、通称文蔵、一堂と号す。16歳で京都に行き、折衷派の皆川淇園(みながわきえん)に師事、数年にして江戸に帰り、同じく折衷派の亀田鵬斎(かめだほうさい)に学ぶ。程朱(ていしゅ)学の仏老に混ずるを慨し、『四書知言』や『五辨(ごべん)』(道徳、天文、生命、有無、虚静)を著し、古典の正確な考証を求めた。そのほか『老子標識』『繋辞答問(けいじとうもん)』など著書は多い。安政(あんせい)4年没。[渡部正一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

東条一堂 (とうじょういちどう)

生年月日:1778年11月7日
江戸時代後期の儒学者
1857年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

東条一堂の関連キーワード阿部千万多鳥山新三郎鴇田 恵吉千葉周作清河八郎生年月日清川八郎鴇田恵吉柴田利直土屋三余安積五郎都丸広治森田悟由東条方庵武藤虎峰桃井儀八玄武館琳瑞