コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安立権斎 あだち ごんさい

1件 の用語解説(安立権斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安立権斎 あだち-ごんさい

1821-1903 江戸後期-明治時代の和算家,測量家。
文政4年生まれ。江戸で内田五観(いつみ)の門にまなび,郷里の越後(えちご)(新潟県)三島郡上岩井村にかえり,おおくの弟子をそだてる。維新後は信濃川の測量などに従事した。明治36年9月7日死去。83歳。通称は数右衛門,のち数衛。姓は安達ともかく。著作に「算法鉤垂題(こうすいだい)艸稿」「量地題弁」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

安立権斎の関連キーワードブロートンボーキサイト花崗岩嵐璃寛銚子醤油メキシコ美術プラット修正ロシア映画教養小説巴奈馬

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone