コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信濃川 しなのがわ

7件 の用語解説(信濃川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

信濃川
しなのがわ

秩父山地に源を発し長野県新潟県を流れ日本海に注ぐ日本最長の河川。全長 367km。上流の長野県側では千曲川と呼ばれ,犀川長野盆地で合流し,新潟県に入って中津川清津川などを合流,下流部の長岡市魚野川を合流するが,新潟県境から信濃川呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しなの‐がわ〔‐がは〕【信濃川】

新潟・長野両県にまたがる日本最長の川の、新潟県内での呼び名。長さ約367キロ。関東山地甲武信(こぶし)岳に源を発し、越後平野を流れ、新潟市で日本海に注ぐ。上流を千曲(ちくま)川犀(さい)川とよぶ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

信濃川【しなのがわ】

新潟県中部の川。長さ367km(日本最長)。流域面積1万1900km2(日本第3位)。上流部は千曲(ちくま)川。長野市の南部で犀(さい)川を合わせ北東流,新潟県に入って信濃川となる。
→関連項目秋葉[区]越後平野小千谷[市]川口[町]川西[町]清津峡江南[区]越路[町]小須戸[町]三条[市]白根[市]中央[区]津南[町]燕[市]十日町[市]長岡[市]新潟[県]西[区]西川[町]沼垂東[区]分水[町]南[区]与板[町]吉田[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しなのがわ【信濃川】

長野県東部から新潟県中部を流れ,新潟市で日本海に注ぐ川。幹川流路延長367kmは日本第1位,全流域面積1万1900km2は利根川石狩川に次いで第3位の大河である。関東山地の甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)(2475m)に源を発する千曲(ちくま)川が,長野盆地で最大の支流犀(さい)川を合わせ,新潟県に流入して信濃川となる。三国山脈北麓から流出する中津川,清津川を合わせ,十日町盆地を形成する。川口町で魚野川を合わせ,小千谷市の北で越後(新潟)平野に出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しなのがわ【信濃川】

日本最長の川。中部山岳地帯を水源とする犀川さいがわと千曲川とが長野盆地で合流し、新潟県に入って信濃川と称し、新潟平野を貫流して日本海に注ぐ。長さ367キロメートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(新潟県)〕信濃川(しなのがわ)


長野県東部から新潟県中部を流れる日本最長の川。1級河川(信濃川水系)。延長367km。流域面積1万1900km2は利根(とね)川・石狩(いしかり)川に次いで日本第3位。上流の長野県側では千曲(ちくま)川とよばれる。埼玉・山梨・長野3県境の甲武信ヶ(こぶしが)岳北麓(ほくろ)に源を発し、千曲川として北流、長野盆地で最大の支流犀(さい)川と合流する。新潟県に入って信濃川となり、十日町(とおかまち)盆地を経て魚野(うおの)川と合流、越後(えちご)平野を貫流して新潟港で日本海に注ぐ。下流で西(にし)川・中ノ口(なかのくち)川を分流し、三角州をつくる。近世、船道(ふなどう)とよばれる水運組織が発達、下りは流域の廻米(かいまい)を、上りは塩や相物(あいもの)(干魚・塩魚の類)などを運んだ。明治期には新潟―長岡(ながおか)間を蒸気船が運航。下流域では洪水が多発したため、1923年(大正12)日本海に直接放流する大河津(おおこうづ)分水路(新信濃川)が完成。第二次大戦後には関屋(せきや)分水路が設けられた。豪雪地帯を流れるため包蔵水力に富み、日本有数の電源地帯を形成。水系の最大出力総計は430万kWに達する。穀倉地帯の越後平野を潤す灌漑(かんがい)用水のほか、上水道源・工業用水にも用いられる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

信濃川
しなのがわ

長野県東部から新潟県に入り、県中央部を貫流して新潟市で日本海に注ぐ日本一の大河。一級河川。その源を関東山地の甲武信(こぶし)ヶ岳(2475メートル)付近に発し千曲(ちくま)川となり、長野盆地で最大の支流犀(さい)川を合流し、飯山(いいやま)盆地から新潟県に入って信濃川となる。その延長367キロメートル(日本第1位)、流域面積1万1900平方キロメートル(第3位)。沿岸は全国一の豪雪地で、融雪水が豊かである。上流の長野・新潟県境では志久見(しくみ)川、中津川、清津川の三大支流が深い峡谷をなす。高位段丘面の発達が顕著で、その段丘崖(がい)比高を利用した東電鹿渡(しかわたり)、JR千手(せんじゅ)発電所などの大水力発電所が多い。この地向斜谷は十日町盆地とよばれ、「東の西陣(にしじん)」とよばれる高級絹織物の産地十日町市がある。東山山地を貫いて平野に流れ出す谷口部では、魚野川の支流を合流して穿入蛇行(せんにゅうだこう)を描き、その段丘面には魚沼(うおぬま)三郡の谷口町をなす小千谷(おぢや)市がある。三国・越後(えちご)山脈の水を集めて北流する魚野川の谷は六日町盆地とよばれ、首都圏との交通の主軸をなすJR上越線、国道17号、上越新幹線、関越自動車道の通り道をなし、温泉、スキー場が多くある。谷口の小千谷から三条の間では、両側の丘陵列の水を集めて流れ出す渋海(しぶみ)川、刈谷田(かりやた)川、五十嵐(いからし)川などの支流をあわせて、長岡市を中心とする中越平野を形成し、越後米の産地となる。州頂の大河津(おおこうづ)(現燕(つばめ)市大川津(おおかわづ))から寺泊(てらどまり)の海岸に分流する新信濃川は、1909~1923年(明治42~大正12)の長期にわたる大工事で完成した新分水で、蒲原(かんばら)平野5万ヘクタールの水田を洪水の災害から救った。この下流は信濃川三角州面で、東川(本流)、中ノ口川、西川の3川に囲まれた白根(しろね)島、鎧潟郷(よろいがたごう)、横越(よこごし)島などのラグーン(潟湖(せきこ))沼沢地をもつ州島(すじま)地形を形成し、蒲原平野の米どころの中心をなす。前面は蒲原砂丘にはばまれて、かつては阿賀野(あがの)川と河口をともにしていたが、近世の松ヶ崎分水、第二次世界大戦後の関屋(せきや)分水によって干拓事業も完成し、水との闘いも終わって、新潟港は日本海岸最大の河口港として繁栄している。信濃川は電源開発、農業用水、飲料・工業用水資源として利用され、越後の母なる大河である。[山崎久雄]

信濃川の舟運

近世、西廻(にしまわり)航路の寄港地として栄えた新潟湊(みなと)は、内陸物資の集散を信濃川の河川舟運に頼っていた。その信濃川筋の通船網は「長岡船道(ふなどう)」とよばれていた。「船道」とは船会所に入る株仲間組織が水運権をもつ特権通漕網のことで、これに対する自由通漕河川を越後では「○○通船」とよんで区別していた。信濃川筋では下流の長岡船道を主軸に、中ノ口船道、蒲原船道(西川筋)と、上流筋の六日町船道、十日町船道、小千谷船道、小国(おぐに)船道などが阿賀野川筋の津川船道と相対して動脈をなしていた。積み荷は下りが御城米の川下げ請負で、上りは塩荷、相物(あいもの)(干魚、塩魚類)、日用雑貨の商人荷の相対稼(あいたいかせ)ぎであった。明治時代に入ると全国でも珍しい川蒸気船(かわじょうきせん)交通がこれにかわって活躍した。[山崎久雄]
『新潟日報社編著『信濃川ものがたり』(1978・新潟日報事業社) ▽建設省北陸地方局編『信濃川百年史』(1979・北陸建設弘済会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の信濃川の言及

【河川計画】より

…重要なことは,水の流れを変えれば,流れに含まれる土砂の流れも変わり,川の特性そのものも変わることである。信濃川で明治末から昭和初期にかけて大河津分水と呼ばれる放水路を開削した結果,その下流部の旧川の流れている新潟平野の洪水災害は激減し成功を収めたが,洪水時に運ばれる土砂もまた放水路を通して直接海へ排出され,旧川から新潟河口港を通過する土砂量は激減した。また,旧川には大洪水がこなくなったため,従来の川幅は広すぎることになり,洪水の流れで河床の土砂を押し流す力も減ってしまった。…

【河川敷】より

…しかし,明治時代以来の河川改修において,財政上の理由から河川敷の土地のすべてを買収することはできず,河川敷内に民有地が残されている河川が少なからず存在する。たとえば,信濃川水系では,建設省の直轄管理区間における河川敷の総面積は約5960haであるが,そのうち民有地は約2790haとなっている(1996現在)。こうした民有地は,水田,畑,果樹園などに利用されており,極端な場合は家屋さえ建てられている。…

【千曲川】より

信濃川上・中流部,長野県下を流れる部分の名称。秩父山地の甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)に源を発し,長野県の東部を北へ流れ,最大の支流犀(さい)川と長野盆地で合流し,信越国境で信濃川と名を変え,新潟県に入る。…

※「信濃川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

信濃川の関連キーワード阿賀野川関川渋海川長野県東筑摩郡麻績村長野県東御市和長野県中野市越長野県諏訪郡長野県中野市中野長野県中野市西長野県東筑摩郡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信濃川の関連情報