コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安芸乃島勝巳 あきのしま かつみ

1件 の用語解説(安芸乃島勝巳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安芸乃島勝巳 あきのしま-かつみ

1967- 昭和後期-平成時代の力士。
昭和42年3月16日生まれ。藤島部屋(のち二子山部屋)に入門。昭和57年3月初土俵。62年7月新十両,藤島部屋初の関取となる。63年3月新入幕,同年11月新三役となり,平成元年には関脇にのぼる。得意手は左四つ,寄り,粘り強い取り口で上位に強かった。平成15年引退。通算幕内成績は91場所,647勝640敗。技能賞4回,殊勲賞7回,敢闘賞8回,金星16。年寄名は藤島勝巳から千田川虎央。貴乃花光司との確執で平成16年高田川部屋に移籍。21年同部屋を継承。広島県出身。本名は山中勝巳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安芸乃島勝巳の関連キーワード千代の富士貢旭富士正也大乃国康控力士北勝海信芳室井光広辻隆河野道代琴富士孝也あんま

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone