安藤就高(読み)あんどう なりたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤就高 あんどう-なりたか

1830-1886 幕末-明治時代の武士,官僚。
文政13年4月1日生まれ。美濃(みの)(岐阜県)大垣藩士。税法・財政に通じ,維新後は会計官となり商法司知事,大蔵少丞などを歴任。明治14年会計検査院副長となる。廃藩置県後の地租改正法原案を起草した。明治19年1月10日死去。57歳。前名は利太郎,行蔵。画号は夢梅。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android