コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤継明 あんどう つぐあき

1件 の用語解説(安藤継明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤継明 あんどう-つぐあき

1747-1793 江戸時代中期-後期の武士。
延享4年2月14日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)吉田藩家老。寛政5年紙の専売制に反対した武左衛門一揆(いっき)(吉田騒動)のとき,2月14日農民の説得にあたり,藩の責任を負ってその場で自刃(じじん)した。のち農民たちはこれをいたみ安藤邸跡に安藤神社を建立した。47歳。通称は儀太夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の安藤継明の言及

【吉田[町]】より

…農業は〈立間ミカン〉で知られるミカン栽培が主力。東小路にある安藤神社は,1793年(寛政5)吉田藩領で武左衛門一揆が起こった際,その責を負って切腹した家老安藤継明をまつる。立間の大乗寺は藩主伊達氏の菩提寺で,地蔵堂には,干ばつの際,田に水を引いたという伝説のある水引地蔵を安置する。…

※「安藤継明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

安藤継明の関連キーワード羅城荒木呉江笠井魚路九鬼隆張後藤清乗(4代)佐藤就正三鍼清水曲河西奴樗雲

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone