コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安藤黄楊三 あんどう つげぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤黄楊三 あんどう-つげぞう

1862-1945 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
文久2年11月6日生まれ。醤油(しょうゆ)醸造業のかたわら政治活動に参加し,雑誌「県の友」を発刊して改進党を支援。明治22年大分改進党の機関紙「大分新聞」を小原正朝らと発行。のち大分県会議員となる。大正5年豊後(ぶんご)銀行を創立した。昭和20年3月29日死去。84歳。豊後(大分県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安藤黄楊三の関連キーワード政治家実業家

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android