宗七(3代)(読み)そうしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗七(3代) そうしち

1748-1830 江戸時代中期-後期の陶工。
寛延元年生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)博多の素焼き物細工師。歴代中もっともすぐれ,福岡藩主に厚遇された。風炉,香炉のほか床置き,楽面などの作品があり,陶宗宗鈎,総七などの銘印ももちいた。文政13年7月死去。83歳。姓は正木。名は堅茂。通称は惣七,総七。隠居名は仁三。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android