宗七(3代)(読み)そうしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗七(3代) そうしち

1748-1830 江戸時代中期-後期の陶工。
寛延元年生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)博多の素焼き物細工師。歴代中もっともすぐれ,福岡藩主に厚遇された。風炉,香炉のほか床置き,楽面などの作品があり,陶宗宗鈎,総七などの銘印ももちいた。文政13年7月死去。83歳。姓は正木。名は堅茂。通称は惣七,総七。隠居名は仁三。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android