コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗教改革記念碑 しゅうきょうかいかくきねんひ

1件 の用語解説(宗教改革記念碑の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

しゅうきょうかいかくきねんひ【宗教改革記念碑】

スイス西部、レマン湖南西岸の都市ジュネーブ(Genève)にあるジュネーブ大学前、バスチヨン公園内にある彫像。スイス宗教改革家のカルヴァン(Jean Calvin、1509~1564年)、ギョーム・ファレル(Guillaume Farel)、テオドール・ド・ベーズ(Théodore de Beze)と、スコットランド宗教改革の指導者ジョンノックス(John Knox)のレリーフがある。カルヴァンの生誕400周年にあたる1909年に着工したものである。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宗教改革記念碑の関連キーワードジュネーブモントルーレマン湖寿府ニヨンブベイラボータトバンジュネーブマラソンレマン[湖]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone