悔恨(読み)カイコン

デジタル大辞泉の解説

かい‐こん〔クワイ‐〕【悔恨】

[名](スル)過ちを後悔して残念に思うこと。「悔恨の情」
「是余が非徳の致す所―するとも曷(なん)ぞ及ばん」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐こん クヮイ‥【悔恨】

〘名〙 あやまちを後悔し残念がること。くやみ、うらむこと。前非をくやむこと。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「以て今日の形勢に至る是余(わ)が菲徳の致す所悔恨(クヮイコン)するとも曷(なん)ぞ及ばん」 〔神仏伝‐叔卿〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報