コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悔恨 カイコン

デジタル大辞泉の解説

かい‐こん〔クワイ‐〕【悔恨】

[名](スル)過ちを後悔して残念に思うこと。「悔恨の情」
「是余が非徳の致す所―するとも曷(なん)ぞ及ばん」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいこん【悔恨】

( 名 ) スル
自分のしたことをくやみ残念に思うこと。 「 -の情にかられる」 「過悪をなすの後…懊悩-すべし/明六雑誌 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

悔恨の関連キーワード今・困・坤・墾・婚・建・恨・懇・昆・昏・根・梱・混・渾・痕・紺・褌・金・魂サウル(アルフィエーリの悲劇)エウゲーニー・オネーギン復活(トルストイの小説)告白録(ルソーの自伝)イーサン・フロームトリスタンとイズー国際基督教大学三七全伝南柯夢ファウスト伝説ロード・ジムクロムリンク在りし日の歌橋本 國彦聊か・些かベルレーヌ宗教的実存インメン湖ディリアスアドルフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悔恨の関連情報