悔恨(読み)かいこん

精選版 日本国語大辞典「悔恨」の解説

かい‐こん クヮイ‥【悔恨】

〘名〙 あやまちを後悔し残念がること。くやみ、うらむこと。前非をくやむこと。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉八「以て今日の形勢に至る是余(わ)が菲徳の致す所(クヮイコン)するとも曷(なん)ぞ及ばん」 〔神仏伝‐叔卿〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「悔恨」の解説

【悔恨】かい(くわい)こん

過失をくい、残念に思う。阮籍〔詠、八十二首、六十一〕 、人をして悲しましむ 烈烈として、哀り 我が常の時を念ひ 恨、れより生ず

字通「悔」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android