宗義達(読み)そう・よしあきら

朝日日本歴史人物事典の解説

宗義達

没年:明治35.5.25(1902)
生年:弘化4.11.6(1847.12.13)
幕末の対馬藩主。のち重正と改名。文久2(1862)年父義和の隠居を受け家督を相続,5万2170石余を領したが,幕府からは対馬国主10万石格を与えられていた。3年上京して孝明天皇加茂,石清水行幸に従うなど長州藩に接近した。明治1(1868)年新政府より朝鮮との外交を従来通り委任された。版籍奉還により厳原藩知事となり,廃藩置県後外務大丞に就任,次いで対朝鮮外交の役目を解かれ,5年大丞を免官,さらに7年から8年まで再び外務大丞を務めた。17年伯爵。

(上野秀治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android