コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官奴 ツカサヤッコ

デジタル大辞泉の解説

つかさ‐やっこ【奴】

古代、官有奴婢(ぬひ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぬ【官奴】

律令制下、官有の男奴隷。 ↔ 官婢かんぴ公奴婢くぬひ

つかさやつこ【官奴】

奈良時代、官庁で使う奴婢。 「悉ふつくに妻子を没おさめて-とせり/日本書紀 神功訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

官奴の関連キーワード丈部路安頭麻呂丈部路祖父麻呂丈部路乙麻呂班田収授法丈部路石勝金剛砂御薗下毛野年継日本書紀奈良時代万積の乱官奴司口分田律令制宮内省公奴婢仏図戸蔣英実古代良賤官稲

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android