コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官妓 カンギ

デジタル大辞泉の解説

かん‐ぎ〔クワン‐〕【官×妓】

宮廷に仕えて歌舞を行った妓女。特に朝鮮で、医薬・歌舞・妓楽(ぎがく)などをもって仕えた官妓の妓生(キーサン)が有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんぎ【官妓】

官に仕えた妓女。特に朝鮮で、医薬・裁縫・奏楽などで官に仕えた妓女。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の官妓の言及

【芸者】より

…東晋の王愷(おうがい),石崇などは多数の家妓を抱えていたので名高い。これに対して,唐・宋時代には官妓が大いに栄えた。官妓は前漢の武帝が軍営に妓女をたくわえ,それを妻のない軍士に侍せしめたのにはじまるというが,魏晋南北朝時代に楽戸の制が設けられ,特殊の賤民(せんみん)である妓女が楽戸に入れられ,唐代にはその籍が教坊に属していた。…

※「官妓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

官妓の関連キーワードキーセン(妓生)宮廷街娼奏楽

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android