コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官幣大社 カンペイタイシャ

世界大百科事典内の官幣大社の言及

【官国幣社】より

…祭神よりみれば,官幣社は歴代の天皇また皇族をまつる社,さらに古来皇室の深く崇敬された社が主であり,別格官幣社は国家に特別に功績をつくした臣をまつる社,国幣社はそれぞれ地方国土開拓,経営の神をまつる社が主となっていた。1945年12月連合軍の神道指令とともにこれらの制は廃されたが,当時海外領土の社18社をふくめ,官幣大社65,中社23,小社5,別格28,国幣大社6,中社47,小社50社が存した(表-I,IIIII,IV,V,VI,VII,VIII,IX参照)。式内社【鎌田 純一】。…

※「官幣大社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

官幣大社の関連キーワードカモワケイカズチノミコト(賀茂別雷命)イチキシマヒメノミコト(市杵島姫命)丹生都比売神社鹿児島神宮生国魂神社伊弉諾神宮安房神社平安神宮三嶋大社氷川神社大和神社鵜戸神宮鹿島神宮香取神宮金鑽神社気比神宮橿原神宮日前神宮竜田大社多賀大社