官幣大社(読み)カンペイタイシャ

精選版 日本国語大辞典の解説

かんぺい‐たいしゃ クヮンペイ‥【官幣大社】

〘名〙 もとの社格の一つ。官幣社のうち、その格式が最も高いもの。
※太政官布告‐明治四年(1871)五月一四日「官社、官幣大社、賀茂別雷神社 山城国」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の官幣大社の言及

【官国幣社】より

…祭神よりみれば,官幣社は歴代の天皇また皇族をまつる社,さらに古来皇室の深く崇敬された社が主であり,別格官幣社は国家に特別に功績をつくした臣をまつる社,国幣社はそれぞれ地方国土開拓,経営の神をまつる社が主となっていた。1945年12月連合軍の神道指令とともにこれらの制は廃されたが,当時海外領土の社18社をふくめ,官幣大社65,中社23,小社5,別格28,国幣大社6,中社47,小社50社が存した(表-I,IIIII,IV,V,VI,VII,VIII,IX参照)。式内社【鎌田 純一】。…

※「官幣大社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android