コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官社 カンシャ

大辞林 第三版の解説

かんしゃ【官社】

「延喜式神名帳」に記載され、祈年祭としごいのまつりの奉幣にあずかる神社。式内社。
1871年(明治4)制定の社格による官幣社と国幣社の総称。官国幣社。 → 民社諸社

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の官社の言及

【官国幣社】より

…官幣社と国幣社の総称。官社ともいう。古代律令制度のもとで,神祇官より例幣を奉られる社を官幣社といい,国司より例幣を奉られる社を国幣社といったが,明治の制でも官幣社,国幣社の名をついだ(ほかに府県社,郷社,村社,無格社)。…

【社格】より

…神社が国家の管理下にあった時代,神社の祭神,由緒,一般の崇敬度,規模などによりその待遇上の差をつけた等級のこと。《日本書紀》崇神天皇の条に天社(あまつやしろ)・国社(くにつやしろ)を定めたことがみられるが,律令体制の整備とともに《続日本紀》に706年(慶雲3)諸国神社のうち,甲斐,信濃,越中,但馬,土佐等の国の19社を祈年祭に幣帛を奉る社に加えたことがみられ,以後神祇官の管する官社の名がみえ,また律で大社があり,このほかに中・小社の区分をしていたらしいこともみられる。また《延喜式》で,祈年祭などに神祇官より幣帛を奉る官幣社と,国司より幣帛を奉る国幣社,さらにそれぞれを大,小に二分,大社のなかに名神大社の存したこともみえている(式内社(しきないしや))。…

※「官社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

官社の関連キーワード延喜式神名帳大洗磯前神社酒列磯前神社摂社・末社水若酢神社真清田神社羽田野敬雄吉備津神社筑波山神社別格官幣社武水別神社田村神社春日大社都農神社多度大社三嶋大社常宮神社建部大社二十二社官国幣社

官社の関連情報