コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官省符 かんしょうふ

世界大百科事典内の官省符の言及

【官省符荘】より

…政府が,太政官符や,それをうけた民部省符を下して(これらを総称して官省符という),荘園の永代領有と,その田地からほんらい国に納めるべき租税を免除される不輸の特権とを公認した荘園。特定の神社・寺院に所有が認められた神田寺田は,律令国家の初期にはまだ正式な不輸租田でなかったが,8世紀中期,天平宝字年間のはじめごろ,神田・寺田は公田として取り扱われるようになり,正式に不輸租田となった。…

※「官省符」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

官省符の関連キーワード和歌山県伊都郡九度山町慈尊院和歌山県伊都郡九度山町紀伊山地の霊場と参詣道高野山(寺院)荘園(日本)九度山(町)不輸・不入官省符荘不輸不入紀伊山地太政官符立券荘号国免の荘民部省符坂上経澄高野山大山荘国免荘相賀荘市石女

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android