コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官省符荘 かんしょうふしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官省符荘
かんしょうふしょう

律令制で,最高行政官庁である太政官と,直接民政にあたる官庁の民部省とから不輸租 (免税) の特権を認められた荘園。その許可が太政官符民部省符とによってなされたため,この名がある。初期荘園においては,不輸租は例外的な場合にしか認められなかったが,諸家,諸寺社は種々の口実を設けて不輸租の特権を得ようとし,その理由を申請した。この官省符の根元は天皇の「勅」にあるところから,荘園としての実質的な性格は,勅免荘と同じであった。したがって,官省符荘は律令政治が権威をもっていた時代には,最も強い特権をもっていた。その発生は平安時代の初期と考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんしょうふ‐しょう〔クワンシヤウフシヤウ〕【官省符荘】

律令制下、太政官官符民部省の省符によって免税の特権を認められた荘園。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

官省符荘【かんしょうふしょう】

国家が下した官省符,すなわち太政官符(だいじょうかんぷ)とこれを受けた民部省符(みんぶしょうふ)により,永代領有と租税を免除される不輸(ふゆ)の特権を公認された荘園
→関連項目相賀荘

官省符荘【かんしょうふのしょう】

紀伊国伊都(いと)郡の荘園。和歌山県高野口町(現・橋本市)全域と九度山(くどやま)町・橋本市付近を荘域とする広大な荘園で,高野山領。官省符(太政官符(だいじょうかんぷ)・民部省符(みんぶしょうふ)の総称)によって公認された荘園という普通名詞が固有名詞化したもの。
→関連項目鵤荘官省符荘民部省符

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんしょうふしょう【官省符荘】

政府が,太政官符や,それをうけた民部省符を下して(これらを総称して官省符という),荘園の永代領有と,その田地からほんらい国に納めるべき租税を免除される不輸の特権とを公認した荘園。特定の神社・寺院に所有が認められた神田寺田は,律令国家の初期にはまだ正式な不輸租田でなかったが,8世紀中期,天平宝字年間のはじめごろ,神田・寺田は公田として取り扱われるようになり,正式に不輸租田となった。そこで政府は,神田・寺田を官省符で不輸租荘園として公認する手続をとったのが,官省符荘のはじまりである。

かんしょうふしょう【官省符荘】

紀伊国伊都郡(現,和歌山県橋本市,伊都郡高野口町,九度山町かつらぎ町)の荘園。高野山金剛峯寺の根本寺領で,政所荘,高野本荘金剛峯寺荘などともいう。紀ノ川をはさんで,北は河内国南堺から南は高野山麓におよび,東は相賀(おうが)荘,西は桛田(かせだ)荘に接する広大な荘園である。河南河北(上方),下方の3地域から構成されるが,これは成立の経緯の違いによるところが大きい。まず河南は高野政所(慈尊院)を中心とする地域で,寺家の敷地の拡大という事実上の領有が先行し,正式に立券されたのは1049年(永承4)の河北の成立と同時であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんしょうふしょう【官省符荘】

律令制下、太政官符と民部省符によって、不輸租の特権を認められた荘園。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

官省符荘
かんしょうふしょう

太政官符(だいじょうかんぷ)・民部省符を得て不輸租を認められた荘園をいう。もともと荘園は輸租田であったので、領主の申請に基づいて四至(しいし)(境界)を確定し、不輸租としたもの。記録のうえでは845年(承和12)東寺領丹波(たんば)国多紀郡大山荘(兵庫県篠山(ささやま)市)が早い例である。その手続は、申請により太政官から派遣された官使が国司・郡司および荘官らとともに現地を調査し、境域を定めて四至に(ぼうじ)を打ち、四至・坪付(つぼつけ)(地積)を記した券文と絵図(荘園図)とを作成、そのうえで認定の文書を太政官・民部省から発給した。これを立券荘号という。しかし官省符荘となっても、検田使など国使の入部を排除できたわけではなく、10世紀以後は臨時雑役(ぞうやく)などを賦課されることも多く、しばしば国衙(こくが)と紛争を起こしている。[村井康彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の官省符荘の言及

【太政官符】より

…このほか地方に下す官符には使人の位姓名,駅鈴の口数が紙面袖に書かれる。官符は詔勅の施行も行うところから権威ある文書とされ,律令を修正・補足するものは〈格〉〈式〉として重んじられ,荘園制においては官符と民部省符で特権を認められた荘園は官省符荘といって由緒を尊重された。現存最古のものは750年(天平勝宝2)宮内省にあてられたもので《正倉院文書》中にある。…

【符】より

…八省のうち民部省はその職掌上,地方諸国にも符を発することができ,荘園制が盛んなときは,不輸不入を認める官符とともに民部省符を発した。官符,民部省符を得た荘園は官省符荘(かんしようふしよう)といって権威づけられた。西海道(九州)は大宰府がおかれていたので,この地方へ下す官符はまず大宰府にあてられ,ついで大宰府の符が西海道諸国へ下された。…

※「官省符荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

官省符荘の関連キーワード高野山(寺院)荘園(日本)不輸・不入坂上経澄不輸不入国免の荘市石女国免荘在家田図検注

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android