コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官製ワーキングプア

1件 の用語解説(官製ワーキングプアの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

官製ワーキングプア

民間の場合、契約更新に会社側が応じないことを「雇い止め」と言い、トラブルが頻発。半年や1年と期間を区切られて働く非正社員でも、何度も更新を重ね、手続きが形式化しているような場合は、正社員と実質的に変わらないとして、解雇と同じ規制がかかるとした判例もある。一方、公務員の場合、非正規職員は法などの規制から抜け落ち、「官製ワーキングプア(働く貧困層)」と社会問題化している。

(2007-10-09 朝日新聞 朝刊 福島中会 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

官製ワーキングプアの関連キーワード更新借地権定期保険契約親劫立て定期借家契約保険契約の無効自動更新反対株主の株式買い取り請求更新料と敷引特約

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

官製ワーキングプアの関連情報