コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定庵殊禅 じょうあん しゅぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定庵殊禅 じょうあん-しゅぜん

1373-1432 南北朝-室町時代の僧。
応安6=文中2年生まれ。曹洞(そうとう)宗。石屋真梁(せきおく-しんりょう)に師事し,その法をつぐ。のち周防(すおう)(山口県)闢雲(へきうん)寺,長門(ながと)(山口県)大寧寺の住持をつとめた。永享4年3月27日死去。60歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

定庵殊禅の関連キーワード小早川則平清原良賢勘合貿易航空特殊無線技士菊池武光紫禁城赤松満祐李芸勧修寺経顕菊池武光

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone