名手荘(読み)なてのしょう

百科事典マイペディアの解説

名手荘【なてのしょう】

紀伊国那賀(なか)郡の紀ノ川北岸,和歌山県那賀(なが)町・粉河(こかわ)町(2町とも現・紀の川市)にあった荘園。もと藤原頼貞の相伝所領であったが,経営に失敗した頼貞が山城石清水(いわしみず)八幡宮に寄進,1064年立荘された。しかし1072年(延久4年)の荘園整理令で停止となる。1107年高野(こうや)山の大塔仏聖灯油料所として改めて立荘され,以後高野山の根本寺領の一つとして中世末まで維持された。高野山領としての立荘時には田41町余・畠82町余であったが,うち見作(げんさく)は田3町余・畠12町余にすぎず,大部分は田代(たしろ)・畠代(開発予定地)が占めている。これが300年余を経た1432年の検注では田85町余・畠12町余に増大している。この開発の過程で当荘の西境を流れる水無川(現名手川)をめぐって粉河(こかわ)寺領丹生屋(にうのや)村と激しい用水・境相論を繰り広げた。当荘は中世を通じて5村(江川村・野上村・馬宿村・中村・西村)で構成されており,1432年の各村の田積,在家(ざいけ)数は,江川村14町余・8宇,野上村18町余・27宇,馬宿村21町余・24宇,中村14町余・4宇,西村15町余・6宇。在家数が野上・馬宿の二村に著しく多いのは,水無川左岸の中位段丘面に位置する両村が,早くから開発が進んだためであろう。なお当荘は南海道の後身である紀伊大路(大和街道)に沿い,13世紀の半ばには市が成立していた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なてのしょう【名手荘】

紀伊国那賀郡(現,和歌山県那賀郡那賀町,粉河町)の荘園。もと藤原頼貞の私領であったが,所領経営に失敗し,1064年(康平7)石清水(いわしみず)八幡宮寺に寄進された。しかし石清水八幡宮寺領としても長続きせず,72年(延久4)の荘園整理によって停止された。その後1107年(嘉承2)高野山の大塔仏聖料にあてる荘園として立券され,以後中世末にいたるまで高野山領として存続した。紀ノ川の北岸に位置し,東は桛田(かせだ)荘と静川荘に,西は粉河(こかわ)荘に接する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android