コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定期健診 ていきけんしんperiodical examination of health

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定期健診
ていきけんしん
periodical examination of health

定期健康診断の略。定期的に健康状態を調べ,潜在する各種の病気を早期に発見し,治療するための医学的な検査。日本においては,1898年に全国公立学校に学校医がおかれたのを最初に,1916年に成立した工場法,37年の保健所法,以後の結核予防法労働法などによりそれぞれ定期健診制度を採用しているが,当初主眼となるものは結核対策であった。 51年以後,死因の1位が脳卒中と変り,健診の対象高血圧心臓病,胃腸障害などの成人病を中心とするようになった。現在定期健診は,事業所労働基準法により働いている者を対象に年1回以上行うよう義務づけられているものや,保健所,医師会主催で地区単位に地域住民を対象に行うもののほか,本人の意志によって行うものに大別されている。 89年の労働安全衛生規定改正により,事業所が行う定期健診の検査項目には貧血検査,肝機能検査,血中脂質検査,心電図検査が追加された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

定期健診の関連キーワード定期健診と胸部X線検査停留精巣(停留睾丸)グッドライフデザイン植込み型除細動器子どもの結核妊娠と貧血妊娠貧血先天梅毒安藤慶子塵肺子癇

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定期健診の関連情報