コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結核予防法 ケッカクヨボウホウ

3件 の用語解説(結核予防法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けっかくよぼう‐ほう〔ケツカクヨバウハフ〕【結核予防法】

結核の予防および結核患者に対する適正な医療の措置について定めた法律。大正8年(1919)制定、昭和26年(1951)全面改正。平成19年(2007)感染症予防法に統合。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

結核予防法【けっかくよぼうほう】

結核の予防および結核患者に対する適正な医療の普及により,結核が個人的・社会的に害を及ぼすことを防止する法律(1951年制定)。全国民の定期健康診断BCG予防接種,医師の届出,患者の登録・指導,知事による入所命令,家屋の消毒などを規定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

けっかくよぼうほう【結核予防法】

結核の予防および結核患者の適正な医療の普及を目的とする法律。健康診断・予防接種・患者の届け出・伝染防止などに関する定めをおく。1951年(昭和26)制定。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の結核予防法の言及

【結核】より

…その後,第2次大戦の終りまで結核は30年近くも他の病気に比べて圧倒的に高い死亡率を示していた。このような結核の感染の防止を目的として,19年,結核予防法が制定された。しかし戦後,結核に有効な化学療法が開発されたのを契機として,51年に改めて結核予防法が制定され,BCG接種による予防,胸部X線間接撮影による患者発見,さらに化学療法による治療をあわせて,予防,患者発見,治療と一貫した結核対策が確立され,その後の30年間には結核事情は著しく改善された。…

※「結核予防法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

結核予防法の関連キーワード結核抗結核剤丸山ワクチン感染症指定医療機関結核予防会偽結核結核性胃腸炎結核性腸炎食事性結核ブーダンの法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

結核予防法の関連情報