定本蛙(読み)ていほんかえる

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定本蛙
ていほんかえる

草野心平の詩集。1948年(昭和23)大地書房刊。49年第1回読売文学賞受賞。これまでの心平の蛙(かえる)の詩の集大成で、3部に分かれ、は『日本沙漠(さばく)』より、は『蛙』より、は『第百階級』より再録の計49編を収録。「蛙は心平のヘソのごとき存在」(村野四郎)といわれるように、それぞれ作者の40代、30代、20代の素顔をうかがわせる。高村光太郎の題字に加え、それぞれ蛙を素材にした土門拳(どもんけん)の写真、岡鹿之助(しかのすけ)、海老原(えびはら)喜之助、三岸節子、庫田(くらた)(てつ)の素描、串田(くしだ)孫一の印鑑に、深井史郎作曲による心平の詩『祈りの歌』の楽譜が付されている。[飛高隆夫]
『『草野心平詩集』(旺文社文庫・新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android