コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡鹿之助 おかしかのすけ

7件 の用語解説(岡鹿之助の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡鹿之助
おかしかのすけ

[生]1898.7.2. 東京
[没]1978.4.28. 東京
洋画家。劇評家岡鬼太郎の長男。麻布中学校在学中から岡田三郎助に素描を学び,1919年東京美術学校に入学。 24年同校西洋画科卒業後すぐにフランスへ留学,サロン・ドートンヌアンデパンダン展などに出品を続け,サロン・ドートンヌ会員となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おか‐しかのすけ〔をか‐〕【岡鹿之助】

[1898~1978]洋画家。東京の生まれ。岡鬼太郎の長男。フランスに留学。帰国後、春陽会に所属。スーラに学んだ点描画法と理知的構成の中に詩情をたたえた作風で知られた。文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岡鹿之助【おかしかのすけ】

洋画家。東京生れ。劇作家岡鬼太郎の長男。東京美術学校卒。渡仏4度に及び,サロン・ドートンヌ春陽会に属する。波止場や建物,花などを主題に孤独な心象風景を詩的に表現。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡鹿之助 おか-しかのすけ

1898-1978 昭和時代の洋画家。
明治31年7月2日生まれ。岡鬼太郎(おにたろう)の長男。岡田三郎助に師事。大正13年フランスに留学,サロン-ドートンヌ会員となる。昭和15年春陽会に属する。44年芸術院会員。47年文化勲章。代表作に「雪の発電所」など。昭和53年4月28日死去。79歳。東京出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。著作に「フランスの画家たち」「油絵のマティエール」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おかしかのすけ【岡鹿之助】

1898‐1978(明治31‐昭和53)
洋画家。劇評家岡鬼太郎の長男として東京に生まれる。中学時代から岡田三郎助に素描を学び,東京美術学校でも岡田に師事。1924年渡仏し,藤田嗣治の助言に従いサロン・ドートンヌに出品。同サロンを中心に作品の発表を続けるが,その間,画材とマチエールの研究に没頭(著書に《油絵のマチエール》がある)。パリ時代にボナールザッキンマルケらと親交。第2次大戦勃発のため39年に帰国。戦後は〈春陽会〉に属し,独自の点描的手法で構成した静謐(せいひつ)で幻想的な作品を発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おかしかのすけ【岡鹿之助】

1898~1978) 洋画家。東京生まれ。東京美術学校卒。岡鬼太郎の長男。滞仏し、スーラの影響を受けた清澄な画風を示した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡鹿之助
おかしかのすけ
(1898―1978)

洋画家。東京生まれ。劇作家・劇評家岡鬼太郎(おにたろう)の長男。1924年(大正13)東京美術学校西洋画科を卒業、同年末フランスへ出発する。翌年からサロン・ドートンヌ(のち会員となる)その他のサロンに出品し、またスーラの造形的秩序に啓発される。39年(昭和14)第二次世界大戦のために帰国し、翌年春陽会会員となる。52年(昭和27)、前年の『遊蝶花(ゆうちょうか)』ほかにより芸能選奨文部大臣賞を受け、56年現代日本美術展出品の『雪の発電所』が最優秀賞となり、翌年さらに同作品に対して毎日美術賞が与えられた。69年日本芸術院会員、72年文化勲章を受ける。秩序ある画面構成と清澄典雅な情感をたたえた画風を示す。[小倉忠夫]
『『岡鹿之助作品集』(1974・美術出版社) ▽『現代日本の美術11 岡鹿之助他』(1975・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡鹿之助の関連キーワード石井鶴三岡本綺堂岡鬼太郎文士劇滝精一米子鬼太郎空港意地くらべ瀬戸英一(初代)松平 頼則劇評家

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岡鹿之助の関連情報