定誉(読み)じょうよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定誉 じょうよ

958-1047 平安時代中期の僧。
天徳2年生まれ。真言宗。大和(奈良県)の人。興福寺法相(ほっそう)をまなび,のち真興(しんごう)に師事,仙救より灌頂(かんじょう)をうける。長和5年大和長谷寺(はせでら)観音の夢告によって高野山にのぼり,正暦(しょうりゃく)5年の大火後荒廃していた堂宇の復興につとめた。祈親上人,持経上人とよばれた。永承2年2月2日死去。90歳。俗姓河井

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android