コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定電圧ダイオード ていでんあつダイオードvoltage regulator diode

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定電圧ダイオード
ていでんあつダイオード
voltage regulator diode

負荷が多少変化しても,電源電圧を一定に保つようにする調整用のダイオード。p-n接合ダイオード (一般にはシリコンダイオードが用いられる) の逆方向電圧を,降伏電圧近傍にとれば,電圧の微小変化に対しても電流は急激に大きく変化する。このため電流が大きく変化した場合でも,電圧変化を微小にしたいとき,この降伏効果を利用すれば簡単な回路で行うことができる。この降伏効果は,ツェナー効果なだれ降伏およびその複合によるとされている。この種のダイオードには,一般の定電圧用のほか,温度補償を精密に行なった電圧標準用や,大電力または高周波電力のリミッタ用などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ていでんあつダイオード【定電圧ダイオード voltage regulator diode】

p‐n接合ダイオードの降伏特性を利用して,ダイオードの端子電圧が電流にほとんど依存せぬようにしたダイオード。p‐n接合ダイオードに逆電圧を加えると,ある一定の電圧,すなわち降伏電圧を超えると急激に電流が流れる。降伏電圧が5.5V程度より大きければ,降伏現象はキャリアの衝突電離による電子なだれによるので降伏電圧は正の温度係数を有する。降伏電圧が5.5V程度より小さければ降伏現象はツェナー効果(半導体に強い電界が加わると,価電子帯にある電子がトンネル効果により伝導帯に移り,大きな電流が流れる現象。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定電圧ダイオード
ていでんあつだいおーど

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

定電圧ダイオードの関連キーワード逆電流

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android