コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電子なだれ でんしなだれ electron avalanche

1件 の用語解説(電子なだれの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電子なだれ
でんしなだれ
electron avalanche

衝突電離により電子が指数関数的に増加する現象。アバランシェともいう。気体中の電子は電場によって加速され,大きなエネルギーを得ると気体分子に衝突して電子と正イオンに電離する。新しく生じた電子もまた電場により加速され,こうして次々と電子が増加する現象を,なだれにたとえて電子なだれという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の電子なだれの言及

【ストリーマー】より

…細長い導電性の放電路。気体,液体などの絶縁物中で放電が発生する場合,まず電子が電界で加速され,分子に衝突して電離させ次々に電子を増倍していく過程を電子なだれという。電子なだれが発展すると,電子なだれから発する光などの作用で近くに新たな電子なだれを誘発し,これらが合流して導電性の大きい放電路を形成する。…

※「電子なだれ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

電子なだれの関連キーワードインパットダイオード指数関数増加関数超越関数自動イオン化ゴンペルツの法則指数的減衰の法則マルサス法則ランベルト‐ブーゲの法則衝突電離作用

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone