コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宛書(き)/充て書(き) アテガキ

デジタル大辞泉の解説

あて‐がき【宛書(き)/充て書(き)】

封書・葉書などの表に記す相手の住所および氏名。宛名。上書き。
古文書で、文書の末尾または書き出しに書かれた相手の名。あてどころ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あてがき【宛書】

宛所ともいう。また〈宛〉は〈充〉の字も用いる。文書には必ず差出人と受取人があるが,その中の受取人を示す部分が宛書である。公式様文書の中の下達文書,互通文書では〈太政官符 民部省〉のごとく宛書は文書の第1行に書かれたが,宛先の明白な上達文書では,宛書はない。公家様文書でも,弁官下文,院庁下文など下文(くだしぶみ)系統の文書では宛書が初行に書かれる。これに対し一般書状や書状形式の綸旨(りんじ),院宣,御教書(みぎようしよ)の類では,宛書は最末行に書かれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宛書(き)/充て書(き)の関連キーワード徳富蘇峰記念館ベントリーニヒリズム寺村百池各務支考自衛隊法点取俳諧マラルメキケロ上書きしをりガーマ封書氏名住所宛名宛所軽み葉書信書

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android