コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上(げ)所 アゲドコロ

デジタル大辞泉の解説

あげ‐どころ【上(げ)所】

手紙などの宛名を書く所。また、宛名の上部に書く「謹上」「進上」などの語。

じょう‐しょ〔ジヤウ‐〕【上所】

手紙などのあて名の上部に「進上」「謹上」などと書くこと。あげどころ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あげどころ【上所】

〈じょうしょ〉ともいう。書札(手紙)または書札様文書において,宛名の上に,相手を尊敬して書く語句のこと。すでに奈良時代から,謹上,謹状,謹進上,謹奉,謹通,敬上,奉,上,通などが用いられているが,謹上がもっとも多い。平安時代になると,目上の人に対しては進上,同輩に対しては謹上というように,用いる文字がある程度定まってきた。これをさらに詳しく定めたのが,鎌倉時代にできた《弘安礼節》である。すなわち差出人と受取人との身分の差に応じて,進上と書くべきもの,謹々上ないし謹上と書くべきもの,上所の必要のないものを,その書止め文言とともに示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょうしょ【上所】

( 名 ) スル
手紙のあて名の上に謹謹上・謹上・進上などと記すこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

上所
あげどころ

充所(あてどころ)の上につけて、相手に対する尊敬を表す。「じょうしょ」とも読む。「進上」「謹上」などが用いられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の上(げ)所の言及

【宛書】より

…これに対し一般書状や書状形式の綸旨(りんじ),院宣,御教書(みぎようしよ)の類では,宛書は最末行に書かれる。宛書は個人あてのときは,直接その氏名を書かず,その人の官職や位階などで表現する場合もあり,差出人と受取人の身分の差に応じて,宛名の上に上所(あげどころ)といって進上,謹上などの文字を,また宛名の下に殿,様,館などの敬称を,宛名の脇に参(まいる),人々御中,侍史,机下などの脇付(わきづけ)を書くこともある。この上所から脇付までを総称したものが宛書である。…

【手紙】より

…近世の武家では,通例,将軍,主君の安穏を慶賀する祝辞で始まることが多い。宛名には〈上所(あげどころ)〉といい,謹上,進上などの表敬の文字を上部に記し,下には殿,様,先生,兄などの〈敬語〉を楷,行,草にわたって書き分け,さらにその左右の下に〈脇付け〉として人々御中,侍者,侍史,参,まいる,机下などと記し,相手を直接指示しないで敬意を表する。また文中高貴の人物については行を変えたり(平出),その上を1,2字間空白(闕字(けつじ))とする。…

【上所】より

…これをさらに詳しく定めたのが,鎌倉時代にできた《弘安礼節》である。すなわち差出人と受取人との身分の差に応じて,進上と書くべきもの,謹々上ないし謹上と書くべきもの,上所の必要のないものを,その書止め文言とともに示している。進上がもっとも厚く,順次,礼が薄くなるのである。…

※「上(げ)所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上(げ)所の関連キーワードフェレンツ・ホップ東洋美術館神奈川県横浜市中区日本大通土地の交換と売却の特例複本購入(図書館の)日本たばこ産業(株)レギュラー・チェーン法律関係本拠説土地持ち非農家長野 桂次郎神奈川奉行税関記念日政党交付金借地借家法横浜(市)兵庫(県)神戸(市)旧新潟税関築地居留地上組[株]ブレーク

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android