コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝瓶 ホウビョウ

2件 の用語解説(宝瓶の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほう‐びょう〔‐ビヤウ〕【宝瓶】

華瓶(けびょう)・水瓶(すいびょう)など瓶器の美称。
密教で、灌頂(かんじょう)の水を入れる器。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の宝瓶の言及

【瓶】より

…菩薩,とくに観音像の中には,この水瓶を手にした姿のものも少なくない。後者はおもに密教において,曼荼羅(まんだら)の諸尊の供養のために五宝,五香,五薬,五穀,香水などを収める容器として用いられ,宝瓶,賢瓶などともいわれる。いずれにしても,瓶は小乗の比丘の〈六物(ろくもつ)〉には含まれていないところから,とくに大乗になってから重視されるようになり,さらに密教において重要な法具とされるに至ったということができよう。…

※「宝瓶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone