コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実乗 じつじょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

実乗 じつじょう

?-1627ごろ 江戸時代前期の僧。
伊予(いよ)(愛媛県)今治(いまばり)城主小川祐忠(すけただ)の子。関ケ原の戦いののち小川家が断絶し,石清水(いわしみず)八幡宮の社僧となる。滝本坊住職,権大僧都(ごんのだいそうず)にすすむ。弟子に松花堂昭乗。寛永4年ごろ死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

実乗の関連キーワード松花堂およびその跡御誂次郎吉格子鳥羽 陽之助12月13日頼富 実毅竹田昌慶国士無双希勤真照

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android