社僧(読み)しゃそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社僧
しゃそう

本地垂迹説 (ほんじすいじゃくせつ) に基づいて発展した神社付属のにおいて,仏事を修して神社に奉仕する僧。奈良時代にすでに神宮や諸大社付属の寺に住していたが,平安時代になると一般化した。江戸時代末期まで大いに勢力を張っていたが,明治維新神仏分離令によって勢力は衰退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゃそう【社僧】

神宮寺に住し仏事を修する僧侶。供僧(ぐそう),宮僧(くそう),神僧ともいう。奈良朝ころより神仏習合思想によって神社に仏寺を建て,これに別当,検校(けんぎよう),勾当(こうとう),専当,執行など多数の職階から成る僧侶を住せしめ,神官は別当を長とする僧侶の支配をうけた。このいわゆる宮寺制の組織が,平安朝には諸社に成立した。その早いものの例としては石清水(いわしみず)八幡宮において,10世紀前期神宮寺である護国寺第4代別当会俗のときから,その子孫である紀氏が別当を世襲し公に妻帯する慣習ができた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃそう【社僧】

奈良時代中・後期以降、神仏混淆の結果、神社に所属して仏事を修した僧。多くは境内の神宮寺・別当寺などに住み、妻帯が許され、その権威は神官をしのぐこともあった。別当・座主ざす・院主・検校けんぎよう・勾当こうとうなどの階級があったが、明治維新後の神仏分離令により廃絶。宮僧くそう。神僧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

社僧
しゃそう

神宮寺(じんぐうじ)で仏事を行う僧。宮僧(くそう)、神僧(じんそう)ともいう。社僧には、別当(べっとう)(神宮寺の長官)、検校(けんぎょう)(衆僧の総括と事務の監督)、勾当(こうとう)(別当の補佐)、専当(せんとう)(勾当の下で社務を担当)、執行、学頭、執事などの別があった。また春日(かすが)社や八幡宮(はちまんぐう)では五師(または御師(おし))、祇園(ぎおん)社では目代(もくだい)など特別の役職が設けられた。平安時代以降、神社に付属する神宮寺の増設されるのと並行して、全国の諸社に社僧が置かれるようになったが、明治の神仏分離令によってその制度は廃止された。[山折哲雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃ‐そう【社僧】

〘名〙 神社に所属し、僧形(そうぎょう)をもって仏事をとり行なった者の称。その居住する寺院を境内に建立し、別当寺(べっとうじ)あるいは神宮寺(じんぐうじ)という。階級には別当、検校、勾当などがあり、本地垂迹(すいじゃく)説の流通にしたがって勢力を増し神官の上位に立って一社を支配するようになったものもある。奈良朝末期に始まるとされ、明治政府によって明治元年(一八六八)に廃止された。
※米沢本沙石集(1283)一「浄土宗の学生の俗有りけり。〈略〉社僧(シャソウ)・神官等憤り申して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の社僧の言及

【僧】より

…また民衆に対して,弁舌たくみに譬喩をまじえながら仏法を平易に説く唱導師,説法師がおり,村々を布教してまわる遊行僧,化俗(けぞく)法師とよばれる僧が活躍した。南北朝以来,造像を目的とした邑義,慧遠の白蓮社に始まるといわれる法社などの信仰団体が各地に結ばれ,その教化指導に当たる僧を邑師,社僧といった。こうした教化僧の活動によって,仏教は中国社会に深く浸透した。…

※「社僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社僧の関連情報