実義(読み)ジツギ

デジタル大辞泉の解説

[名・形動ナリ]
誠意。まごころ。また、誠意のあるさま。
「憍慢(けうまん)のみあって―おはしまさず」〈太平記・二七〉
真実の意義。道理。
「寂滅無常の―をも述べずして」〈浄・大原問答〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① まごころや誠意のあること。
※太平記(14C後)二七「神明仏陀を御帰依有る様に見えしか共、憍慢のみ有て実儀御座(おはし)まさず」
② 真実の道理。道義。
※名語記(1275)六「実義は神祇官の人、わきまへ申すべし」
※慶長見聞集(1614)六「下郎のたとへに、遠くの親子より近くの他人といへるは是実義也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android