コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大原問答 おおはらもんどう

4件 の用語解説(大原問答の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大原問答
おおはらもんどう

大原談義ともいわれる。浄土宗開祖法然が文治2 (1186) 年 (異説あり) に天台宗の顕真の招請によって大原の勝林院で浄土宗義について明遍,証真,貞慶,智海,重源らと問答を行なったこと。法然は高僧たちの質問に対して明確に応答し,浄土の宗義,念仏の功徳を説き,弥陀本願の深い妙旨を語ったので,集った多くの人々が信服し,それより3日3晩不断の念仏を称したと伝えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおはら‐もんどう〔おほはらモンダフ〕【大原問答】

法然が文治2年(1188)比叡山の顕真の要請に応じ、京都大原の勝林院で、明遍・証真・智海・貞慶ら諸宗の学僧と浄土念仏の教理を論議・問答し、信服させた宗論。大原談義

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおはらもんどう【大原問答】

法然が顕真法印の要請により、1186年京都大原の勝林院で浄土宗の教義につき叡山・南都の学僧と問答し信服させたこと。大原談義だんぎ

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大原問答
おおはらもんどう

大原談義ともいう。1186年(文治2)ころ、浄土宗の開祖法然(ほうねん)(源空(げんくう))が、のちに天台の座主(ざす)となる顕真(けんしん)の懇請によって、京都の大原勝林院(しょうりんいん)における各宗の学匠(がくしょう)の集会で、その独自の浄土の宗義を説き、談論したことをいう。東大寺の重源(ちょうげん)、三論宗の明遍(みょうへん)、法相(ほっそう)宗の貞慶(じょうけい)、天台宗の智海(ちかい)や証真(しょうしん)ら十数人が集まり、浄土の宗義について論じ問うた。法然が、中国の道綽(どうしゃく)、善導(ぜんどう)による浄土の一門の教えを説き、阿弥陀仏(あみだぶつ)の本願念仏の実践のみが悟りに至りうることを力説すると、顕真、重源はじめ聴衆一同は感銘を深くしたと伝える。そのようすは『法然上人(しょうにん)伝記』『西方指南抄(さいほうしなんしょう)』『本朝祖師伝記絵詞(えことば)』『法然上人絵伝』などにみられる。[石田充之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大原問答の言及

【大原談義】より

…1186年(文治2)浄土宗の開祖法然が天台宗の学匠顕真の招請をうけ,洛北大原の勝林院において諸宗の碩学を相手に論議したこと。大原問答ともいう。ことの起りは,顕真が法然に会って出離の道をたずね,法然から阿弥陀仏の願力を強縁として凡夫が浄土に往生できる旨を聞いたが,なお疑心とけず,100日間籠居して浄土の典籍について研究し,その後改めて法然を招いて論談することになったものである。…

※「大原問答」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone