コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下郎 ゲロウ

デジタル大辞泉の解説

げ‐ろう〔‐ラウ〕【下郎】

《「下﨟」の転じた》人に召し使われている身分の低い男。男をののしっていう場合にも用いる。「下郎呼ばわりする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

下郎

1927年公開の日本映画。監督・脚色:伊藤大輔、原作:中村藤吉、撮影:唐沢弘光。出演:阿部五、沢村春子、久米譲、金子鉄郎ほか。サイレントの剣劇作品。1955年に『下郎の首』としてリメイクされた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

げろう【下郎】

〔「げろう(下﨟)」から転じた語〕
人に使われている男。身分の低い男。 「 -呼ばわりされる」
男の人をののしっていう語。 「下司-の分際」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下郎の関連キーワード禍・下・仮・伽・何・佳・価・假・價・加・化・卦・可・呵・嘉・夏・嫁・家・寡・戈・暇・果・架・歌・河・渦・火・瑕・瓜・禍・禾・科・稼・窩・箇・花・苛・荷・菓・華・訛・訶・課・貨・迦・過・霞・靴・顆廊・朗・郞・労・勞・廊・弄・朗・楼・樓・浪・漏・牢・狼・籠・老・聾・臘・蝋・蠟・郎・陋・露下臈・下﨟・下臘下種・下衆・下司初・初心・産・生田崎 潤匹夫下郎下郎言葉回り根性中分屯食下臈分際推参

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android