コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実質株主名簿 じっしつかぶぬしめいぼ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

実質株主名簿

配当金の支払い株主総会の招集通知を送るために、企業の株を実際に所有している株主を記載した名簿。株式公開企業では通常、証券代行専門会社あるいは信託銀行株主名簿の作成と株主の管理を委託している。広く利用されている株券の保管振替制度では、実際の株主の管理は「証券保管振替機構」が行なっている。そのため通常の株主名簿では同機構が形式的な株主として記載され、配当金の支払いなどの権利の確定日に同機構から発行会社に実際の株主データが通知され(実質株主名簿)、これに基づいて配当金の支払いや株主総会の招集などの業務を行なっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone