コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣統帝 セントウテイ

デジタル大辞泉の解説

せんとう‐てい【宣統帝】

[1906~1967]中国、清朝最後(第12代)の皇帝。在位1908~1912。名は溥儀(ふぎ)。辛亥(しんがい)革命退位満州事変後の1934年、日本に擁立されて満州国皇帝となり、康徳帝と称した。第二次大戦後ソビエトに抑留され、東京裁判に証人として出廷。のち、中華人民共和国に保護された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宣統帝の言及

【溥儀】より

…在位1908‐11年。年号により宣統帝という。また満州国の皇帝としては康徳帝といい,在位1934‐45年。…

※「宣統帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android