コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛新覚羅 アイシンカクラ

デジタル大辞泉の解説

あいしんかくら【愛新覚羅】

満州語アイシンギョロに漢字を当てたもの。アイシンはの意、ギョロは旧家であることを示す》中国、朝王室の姓。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

愛新覚羅【あいしんかくら】

中国,朝王室の姓。漢字は満州語アイシンギョロの音表記。アイシンaisinは金,ギョロgioroは骨族,名門を意味する姓。清の建国者ヌルハチ朝になぞらえて王室の姓とし,以後清の滅亡まで使用された。
→関連項目溥儀

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あいしんかくら【愛新覚羅】

中国,清朝帝室の姓。満州語でアイシンギョロAisin gioroという。清の太祖ヌルハチ家は元来ギョロ(覚羅)姓を称していたが,ヌルハチは1583年(万暦11),祖父と父を殺害したニカンワイランに復仇するため挙兵した際,アイシンギョロを初めて名乗ったとされる。アイシン(愛新)は〈金〉を意味するが,満州族に金朝(1115‐1234)の女真族の後裔の意識があった反映とみられ,同じ意識からヌルハチの後金国の国号も生まれたと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あいしんかくら【愛新覚羅】

中国、清王朝帝室の姓。 〔満州語のアイシンギョロに漢字を当てたもの〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛新覚羅
あいしんかくら

アイシンギョロ(愛新覚羅)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愛新覚羅
あいしんかくら / アイシンギョロ

中国、清(しん)朝王室の姓。清は満洲族の建てた王朝で、満州語が固有の言語であった。アイシンは満州語で金を意味するが、ギョロの意味については諸説があり、明らかでない。愛新覚羅の漢字は、ただ満州語の発音を表したものである。満洲族の姓には伊爾根覚羅(イルゲンギョロ)、西林覚羅(シリンギョロ)など覚羅のつくものがいくつかあり、それらは古い由緒ある家柄であるという。愛新覚羅の姓は清朝王室以外にまったくないので、国初太祖ヌルハチの時代に、自己の氏族の尊貴を表そうとして作為されたらしく、当時アイシン(金)と称していた国名と関係するようである。清朝最後の皇帝(宣統帝)溥儀(ふぎ)の一族は、現在なお愛新覚羅の姓を名のっている。[神田信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

愛新覚羅の関連キーワード山口県下関市綾羅木本町シュルガチ(速児哈赤)ヌルハチ(奴児哈赤)ホンタイジ(皇太極)ペクトゥ(白頭)山弩爾哈斉・奴児哈赤偽満州国皇宮愛新覚羅溥傑愛新覚羅慧生愛新覚羅 浩紫禁城の落日川島 浪速川島 芳子三上ゆうこ工藤鉄三郎愛新覚羅浩2月26日渡辺 晨畝4月16日3月16日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛新覚羅の関連情報