愛新覚羅(読み)アイシンカクラ

  • あいしんかくら / アイシンギョロ
  • アイシンギョロ

百科事典マイペディアの解説

中国,朝王室の姓。漢字は満州語アイシンギョロの音表記。アイシンaisinは金,ギョロgioroは骨族,名門を意味する姓。清の建国者ヌルハチ朝になぞらえて王室の姓とし,以後清の滅亡まで使用された。
→関連項目溥儀

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

中国,清朝帝室の姓。満州語でアイシンギョロAisin gioroという。清の太祖ヌルハチ家は元来ギョロ(覚羅)姓を称していたが,ヌルハチは1583年(万暦11),祖父と父を殺害したニカンワイランに復仇するため兵した際,アイシンギョロを初めて名乗ったとされる。アイシン(愛新)は〈金〉を意味するが,満州族に金朝(1115‐1234)の女真族の後裔の意識があった反映とみられ,同じ意識からヌルハチの後金国の国号も生まれたと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、清(しん)朝王室の姓。清は満洲族の建てた王朝で、満州語が固有の言語であった。アイシンは満州語で金を意味するが、ギョロの意味については諸説があり、明らかでない。愛新覚羅の漢字は、ただ満州語の発音を表したものである。満洲族の姓には伊爾根覚羅(イルゲンギョロ)、西林覚羅(シリンギョロ)など覚羅のつくものがいくつかあり、それらは古い由緒ある家柄であるという。愛新覚羅の姓は清朝王室以外にまったくないので、国初太祖ヌルハチの時代に、自己の氏族の尊貴を表そうとして作為されたらしく、当時アイシン(金)と称していた国名と関係するようである。清朝最後の皇帝(宣統帝)溥儀(ふぎ)の一族は、現在なお愛新覚羅の姓を名のっている。

[神田信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Aisingioro アイシンギョロの漢字表記) もと満州族の一部族の名。のち、中国清朝王室の姓。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

清朝帝室の姓
満州語でアイシン(Aisin)は金を,ギョロ(Gioro)は由緒ある旧家の意味。16世紀末,ヌルハチが当時の国号金と合わせて,その出自の古さを誇示するため創始したといわれる。国号を清と改称した後も帝室姓として使用された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛新覚羅の関連情報