室伏 高信(読み)ムロブセ コウシン

20世紀日本人名事典の解説

室伏 高信
ムロブセ コウシン

大正・昭和期の評論家,ジャーナリスト



生年
明治25(1892)年5月10日

没年
昭和45(1970)年6月28日

出生地
神奈川県

学歴〔年〕
明治大学法科中退

経歴
初期の新人会に属し、社会民衆党内合同派として活躍。二六新報、時事新報朝日新聞などの政治部記者を経て、第1次世界大戦後、「改造」の特派員として渡欧し寄稿した。昭和9年「日本評論」の主筆となり18年までつとめた。のち「新生」主宰。社会主義全般に関心を抱くが、その一方で日本主義、ファシズムにも共鳴する面があった。そのため、戦後に公職追放される。この間、昭和5年と21年衆院選に立候補したが落選した。著書は「文明の没落」「青年の書」「東洋の書」「人生逍遙―追放記」「美しい革命」などの他、「室伏高信全集」(全15巻 青年書房)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

室伏 高信 (むろぶせ こうしん)

生年月日:1892年5月10日
大正時代;昭和時代の評論家
1970年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android