コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室生山 むろうさん

1件 の用語解説(室生山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むろうさん【室生山】

奈良県宇陀郡から三重県名張市,一志郡にまたがる室生(大洞(おおぼら))火山群の総称。東西25km,南北15kmの地域に,花コウ片麻岩の基盤に堆積した第三紀層を貫いて流紋岩質の溶結凝灰岩が分布する。額井(ぬかい)岳(816m),最高峰俱留尊(くろそ)山(1038m),大洞山(985m),尼ヶ岳(958m)など標高1000m内外の峰々があり,浸食を受けた雄大な絶壁や奇峰が多く,柱状節理も発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

室生山の関連キーワード宇陀川名張市名張川宇陀宇陀紙阿騎宇陀山地宇陀路大宇陀宇陀路室生

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

室生山の関連情報