コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室生 むろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

室生
むろう

奈良県北東部,宇陀市北東部の旧町域。宇陀川とその支流室生川流域にある。 1955年東里村と三本松村,室生村が合体。 2006年大宇陀町,榛原町,菟田野町と合体して宇陀市となる。北部の大和高原と南部の宇陀山地では林業が中心。宇陀川沿岸ではチャ (茶) ,野菜の抑制栽培が行なわれる。室生川沿いには女人高野として知られる室生寺 (本堂,金堂,五重塔は国宝) が,両河川の合流点には大野寺石仏 (国の史跡) や 1974年完成の室生ダムがある。室生山暖地性シダ群落,向淵スズラン群落はともに国の天然記念物に指定されている。一部の地域は室生赤目青山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

むろう【室生】

奈良県中東部、宇陀うだ市の地名。東部は三重県に接する。

むろう【室生】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

室生
むろう

奈良県東部、宇陀(うだ)郡にあった旧村名(室生村(むら))。現在は宇陀市の北東部を占める地域。旧室生村は、1955年(昭和30)室生、三本松、東里の3村が合併して成立。2006年(平成18)大宇陀、榛原(はいばら)、菟田野(うたの)3町と合併して市制施行、宇陀市となった。北部は米作と野菜栽培、南部は林業を主とする。北は大和(やまと)高原、南は宇陀山地が占め、東部は三重県に接する。中央部を南西から北東にかけて貫流する宇陀川に沿って近畿日本鉄道大阪線と国道165号(伊勢(いせ)街道)が通じ、南部を国道369号が走る。また、2003年には奥宇陀広域農道(やまなみロード)が開通している。女人高野(こうや)で知られる真言(しんごん)宗室生寺派大本山の室生寺や室生ダム一帯は室生赤目青山国定公園に含まれ、東海自然歩道が通じる。中心集落の大野には、宇陀川北岸に立地する真言宗室生寺派大野寺があり、対岸の崖(がけ)の弥勒磨崖仏(みろくまがいぶつ)は国指定史跡。また国指定天然記念物に室生山暖地性シダ群落と向淵(むこうじ)スズラン群落がある。[菊地一郎]
『『室生村史』(1966・室生村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

室生の関連キーワード故郷は遠きにありて思うもの室生犀星/ききがき抄かげろふの日記遺文石川県金沢市千日町或る少女の死まで物語の明くる日性に眼覚める頃あんずよ燃えよあにいもうと室生 とみ子奈良県宇陀市都介野富士口語自由詩宇陀(市)室生 朝子室生 犀星室生とみ子宇陀[市]抒情小曲集曾爾[村]

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

室生の関連情報