コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤目四十八滝 あかめしじゅうはちたき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤目四十八滝
あかめしじゅうはちたき

三重県西部,名張市南部,名張川支流丈六川 (赤目川) にある多数の滝およびその渓谷。赤目滝口から約 4kmにわたって続く片麻岩の渓谷に大小の滝,急流深淵,急崖,巨岩などがあって変化に富み,ハイキング適地。探勝路も整備されている。瀑布列は「赤目の峡谷」として名勝に指定。オオサンショウウオが生息し,渓谷の入口に飼育場もある。室生赤目青山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あかめ‐しじゅうはったき〔‐シジフハツたき〕【赤目四十八滝】

三重県名張(なばり)市南西部、丈六(じょうろく)川の支流滝川にかかる多数の滝。赤目不動尊がある。紅葉の名所

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤目四十八滝【あかめしじゅうはちたき】

三重県名張市に属し,名張川支流丈六川(滝川)の滝。名勝。赤目ノ滝とも。平安時代より修験道の霊地として知られ,黄滝・四十九滝・阿弥陀滝などの呼称が史料にみえる。片麻岩地を流れて多数の滝や淵をなし,峡谷中にはオオサンショウウオも生息。
→関連項目名張[市]室生赤目青山国定公園

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかめしじゅうはちたき【赤目四十八滝】

三重県名張市の南部,宇陀川支流の滝川渓谷にかかる滝の総称。滝口から約2kmにわたる渓谷には大小50余の滝と淵,早瀬が連続し,岩石や広葉樹と調和して美しい。滝口には旅館やみやげ物店が集まり,また赤目不動尊を祭る延寿院がある。赤目の峡谷として名勝に指定され,オオサンショウウオ(特天)の生息地として知られる。室生赤目青山国定公園や赤目一志峡県立公園の一部をなす。【成田 孝三】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あかめしじゅうはちたき【赤目四十八滝】

三重県名張市南部、名張川の支流、丈六川の渓谷に連続する五〇以上の滝の呼称。新緑と紅葉が美しい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕赤目四十八滝(あかめしじゅうはったき)


三重県西部、宇陀(うだ)川支流の滝(たき)川にかかる瀑布(ばくふ)群の総称。約4kmにわたり階段状に流れ落ちる。不動(ふどう)滝・千手(せんじゅ)滝・布曳(ぬのびき)滝・荷担(にない)滝・琵琶(びわ)滝の赤目五滝ほか大小50以上の変化に富む滝や淵(ふち)が連続する。一帯は赤目の峡谷として国指定名勝で、室生赤目青山(むろうあかめあおやま)国定公園の一中心。探勝道が整備され、途中に赤目不動明王(ふどうみょうおう)をまつる延寿院(えんじゅいん)がある。特別天然記念物のオオサンショウウオが生息。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤目四十八滝
あかめしじゅうはったき

三重県中西部、名張(なばり)市にある滝。室生(むろう)赤目青山国定公園内の景勝地として知られ、国の名勝に指定されている。室生火山群の北麓(ほくろく)にあって名張川に注ぐ宇陀(うだ)川の支流、滝川の最上流部にある。安山岩の柱状節理がみごとな深い峡谷に、大小多数の滝が連続して約4キロメートル続く。1951年(昭和26)の新日本観光百選では滝の部の第1位に選ばれた。赤目の名は、滝の入口にある天台宗延寿院の赤目不動尊による。開祖といわれる役小角(えんのおづぬ)が修行中、不動明王が赤い目の牛に乗って現れたという伝説がある。近畿日本鉄道大阪線赤目口駅からバスの便があり、新緑と紅葉の行楽によい。特別天然記念物オオサンショウウオが生息し日本サンショウウオセンターもある。[伊藤達雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

赤目四十八滝の関連キーワード日本サンショウウオセンター三重県名張市赤目町長坂赤目四十八滝心中未遂三重県名張市名張(市)寺島しのぶ車谷長吉香落渓瀧自慢荷担新緑

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤目四十八滝の関連情報