コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室貞蔵 むろ ていぞう

1件 の用語解説(室貞蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

室貞蔵 むろ-ていぞう

1844-1874 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)15年生まれ。室孝次郎の弟。昌平黌(しょうへいこう)でまなぶ。慶応3年(1867)郷里の越後(えちご)(新潟県)高田にかえり,兄たちの尊攘運動に参加。戊辰(ぼしん)戦争に従軍し,維新後は東京で商業につき,藤修三と称した。明治7年5月死去。31歳。号は橿蔭。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

室貞蔵の関連キーワード曲芸善助井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係秋月種殷河野敏鎌

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone