コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮内大臣一座 くないだいじんいちざLord Chamberlain's Men

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮内大臣一座
くないだいじんいちざ
Lord Chamberlain's Men

イギリスのエリザベス朝時代の劇団。 1594年に結成。シェークスピアも作者および俳優として関係した。グローブ座で公演,のちにブラックフライアーズ座も入手して,冬季の屋内公演を行なった。 1603年のエリザベス1世の没後,国王一座と改称。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の宮内大臣一座の言及

【シェークスピア】より

…このころまでに彼はすでに新進の劇作家兼俳優として名を成していたとする証拠がある。94年に宮内大臣一座Lord Chamberlain’s Menが結成されたとき,幹部座員としてそれに加わり,精力的に活動を続けた。彼の成功は97年に故郷に〈ニュープレース〉と呼ばれる大きな邸宅を購入したこと,また99年のグローブ座完成に際して劇場の所有主兼株主のひとりとして名が挙がっていることからも察せられる。…

※「宮内大臣一座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宮内大臣一座の関連キーワードジョンソン(Ben (Benjamin) Jonson)バーベッジ(父子)グローブ劇場ハムレットビーストンコンデル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android