宮原南陸(読み)みやはら なんりく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮原南陸 みやはら-なんりく

1716-1792 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)元年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)の家老岸氏の家臣。藩の儒者合原窓南(あいはら-そうなん)にまなび,藩校講談所がひらかれると陪臣ながら教官となる。実践をおもんじ,空論をいましめた。寛政4年6月11日死去。77歳。名は通称は半左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android