コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮尾亀蔵 みやお かめぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮尾亀蔵 みやお-かめぞう

1782-1853 江戸時代後期の水産加工業者。
天明2年生まれ。土佐(高知県)高岡郡宇佐浦の人。骨抜き,火力乾燥,(かび)つけ法など,鰹節製法に画期的な改良をくわえた。嘉永(かえい)6年死去。72歳。屋号播磨屋

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮尾亀蔵
みやおかめぞう

生没年不詳。近世初期、土佐国高岡郡宇佐浦(高知県土佐市)の漁師。天正(てんしょう)年間(1573~1592)紀州の漁夫からかつお節の製造を習い、土佐節(亀蔵節ともいう)をつくり、製造の祖とされる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

宮尾亀蔵の関連キーワードフェイト東南アジア史(年表)徳川家慶天明の飢饉フェイト石谷清昌ラーマ[1世]イェルムティプ・スルターン児童文学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android