コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮尾亀蔵 みやお かめぞう

2件 の用語解説(宮尾亀蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮尾亀蔵 みやお-かめぞう

1782-1853 江戸時代後期の水産加工業者。
天明2年生まれ。土佐(高知県)高岡郡宇佐浦の人。骨抜き,火力乾燥,黴(かび)つけ法など,鰹節の製法に画期的な改良をくわえた。嘉永(かえい)6年死去。72歳。屋号は播磨屋

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮尾亀蔵
みやおかめぞう

生没年不詳。近世初期、土佐国高岡郡宇佐浦(高知県土佐市)の漁師。天正(てんしょう)年間(1573~1592)紀州の漁夫からかつお節の製造を習い、土佐節(亀蔵節ともいう)をつくり、製造の祖とされる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮尾亀蔵の関連キーワード水産加工品吉右衛門(本湊焼,7代)空二館霞舫長隠(1)林壮軒平川文左衛門平田三之助溝口源谷誘苑

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone