コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨抜き ホネヌキ

デジタル大辞泉の解説

ほね‐ぬき【骨抜き】

調理で、魚や鳥などの骨を取り除くこと。
意見・計画などの肝心な部分を除き去ること。「議案を骨抜きにする」
気骨や節操などをなくさせること。「供応を受けて骨抜きにされる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほねぬき【骨抜き】

魚・鳥などの料理で、骨を抜き去ること。また、そのもの。
節操や気骨をなくさせること。 「金をつかまされて-にされる」
計画・案などから肝心の部分を抜き去り、内容のないものにすること。 「法案は-にされた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

骨抜きの関連キーワード市街化区域内農地宅地並み課税国の出先機関と統廃合問題湖沼水質保全特別措置法暫定税率と道路特定財源国家基本法[ロシア]共通だが差異ある責任柳川なべ(柳川鍋)骨無し魚・骨なし魚ケニア・キバキ政権アントン(安童)自民党新憲法草案EU財政の安定化イルバート法案リマリック条約生産性向上運動選挙制度審議会グラックス兄弟国際小麦協定国際穀物協定特殊指定問題

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

骨抜きの関連情報