コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮崎元胤 みやざき もとたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮崎元胤 みやざき-もとたね

1832-1900 幕末-明治時代の神職。
天保(てんぽう)3年生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)志摩郡久家(くが)村の神職宮崎真澄の子。江戸で平田篤胤(あつたね)の門にまなぶ。福岡県前原(まえばる)町の高祖(たかす)神社,志登神社の神職をつとめ,権少教正となった。明治33年死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮崎元胤の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android