コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮本重良 みやもと じゅうりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮本重良 みやもと-じゅうりょう

1895-1969 昭和時代の彫刻家。
明治28年7月17日生まれ。太平洋画会研究所,日本美術院研究所にまなぶ。昭和5年院展で日本美術院賞,11年美術院同人。36年粲々会を結成,43年まで出品。木彫の仏像や神像のほか,松尾芭蕉(ばしょう)の像をおおく制作。昭和44年7月28日死去。74歳。東京出身。本名は重次郎。作品に「童女像」「猿田彦神」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮本重良の関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]芸能部門秋田明大ゴダール(Jean-Luc Godard)深刻小説ゴーリキー(Maksim Gor'kiy)日清戦争樋口一葉レントゲン(Wilhelm Konrad Röntgen)アームストロング

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宮本重良の関連情報